パグ犬、はなとのゆるゆるな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも、息子(下)が犬を飼いたいと言い出して、しかも「パグが良い!」と言いはったのは、おじ宅で見たパグがあまりにかわいかったからだった。

おじ宅のパグは「トト」と言う名前で、会ったときはもう10歳を過ぎた立派なおばあちゃんだった。

「とてとてとて」と歩くその姿を初めて見て、すっかりハートを打ち抜かれた様だった。

トトは今年の3月に死んでしまった。
最後まで手を掛けずに、ぱったり逝ってしまったそうだ。

先日はなを見たおじが、「はなはトトにそっくりだ」と言う。

「今までいろんなパグを見て来たけど、こんなにそっくりなのは初めて。何より、ほっぺたのひげの生えてるところにあるほくろまでそっくりだ」と。

トトは3月に死んだ。
はなも3月生まれ。
トトのお母さんの名前は「はな」というらしい。

なんだか不思議な縁を感じる。

「どうしてはなって名前にしたの?」と聞かれたが
「全員一致したのがこの名前だった」以外に理由も由来も無い。

そういえばおじ宅で初めてトトに会った時
「とてとてとて」と歩いてきて、私のお膝の上に乗って寝てくれたっけ。
おじが「珍しいな。トトはあんまり知らない人の所で休まないんだけど」と話してくれた。

何となく、トトの生まれ変わりなんじゃない?って思っちゃう。

不思議な縁を感じるなぁ。

【2006/10/01 22:05】 | 日記
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。