パグ犬、はなとのゆるゆるな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつこいようですが、私は花粉症jumee☆pollen1bなんです、シラカバの。

そうそう、この前新聞にうれしいニュースが載っていました。
今年の花粉予想は、『ごく少ない』らしいんです。
ここ何年かは、ずっと『非常に多い』だったそうなんですけど
今年は何の影響か少ない予想らしいんです。
今年は少し楽できそうかな?あぁぁーーーすごく嬉しい♪

話は戻りますが、シラカバの花粉症になると
食べられない果物が年々増えていきます。
今は、りんご・さくらんぼ・もも・なし・・・は絶対ダメで
一口くちにしても、喉の内側の粘膜が腫れあがり
呼吸困難になります。
柑橘系とベリー系は平気です。

私は花粉症だし、うちのその他の家族は男ばっかりなので
基本あまりくだものを必要としない家庭なので
りんごはほぼ、はなのために買います。
お散歩から帰ってきて、りんごを食べるのが習慣なので。

たまに人から言われます
 『犬のためにわざわざ?お犬様なんだ~』とか
 『へぇぇーーーー!うちの犬なんて皮と芯だわ。セレブだね~』とかとか・・・

飼い犬との付き合い方は、その家庭それぞれだから
ちゃんとした生育環境を維持しているのなら
色々な形があって全然OK。

それでふとはなの はなにー家での役割を考えてみたら
はなは『愛される』ことが仕事なんだなぁと思うんです。

人は「愛されてる」「いたわられる」という受動的なものだけでは足りないもののようです。
何かを「愛する」ことや「思いやる」という能動的なことで活性されるものもあるようです。
だからセラピードックなどが効果があるのですね。

うちでも病気のはなばーちゃんが、「りんごをむいてはなに食べさせる」
ということを自分ですることが、ちょっとした心の支えだったり

私は生まれて来れなかった娘を、
息子ズはその妹を、どこかで重ね合わせているのかもしれません。
もうね、擬人化しまくりで愛させてもらってるかんじ。


みんなそれぞれの想いがあるけれど
『はなを一番にかわいがる』ということで結束しているから
うちはこれでいいのかなって思います。

さぁ~、今日も他人から呆れられるくらい
親バカしよぉぉ~~~~っとアイコン名を入力してください


P1040954.jpg
『お兄ちゃんのおしりはね・・・』

P1040956.jpg
『私のお布団よ・・・』

【2009/02/25 22:27】 | 日記
|

NoTitle
はなにー
まりも親父様へ

そうですよねぇ~
わかる人にはわかるし
わからない人にはわからない・・・
それでいいんだと思います。

私は私で親バカ道を貫くのみにございます。

まりもちゃんのついでに
はなも愛していただけるんですねぇ~
ありがとうございます 笑

お譲りするわけにはいきませんけどねぇ~^^


のりさんへ

花粉症とは、本当にやっかいで恐ろしい物です。
今年は少ない・・・と言う事を信じて春を待とうっと。
(ちなみにシラカバ花粉のピークは、5月なんですけどね~)

のりさんは男兄弟育ちですか?
男子はくだものあまり食べないものなんでしょうか?
うちのメンズもほとんど食べませんねぇ~。
食べるの面倒なのかなぁ?

親バカ師匠ののりさんに、認めていただいて光栄です 笑
そこにいるだけで、優しい気持ちにさせてくれる存在ってすごいですよね~^^

親バカ万歳!万々歳です~。





NoTitle
のり
はぁ~~花粉症というものは大変なのですね。
涙と鼻水くらいなのかなと思っていたら、食べ物まで制約されちゃうのですね。
よく考えたら、アレルギーだからそうですよね。

ウチも果物って、あまり食べない派です。
実家にいた頃から、食べないな~
男系の家族形成のお家って、なんで果物食べないんでしょうかね~??

はなちんは、間違いなく愛されてますね。
ブログを見てたら、すご~~く伝わってきますよ^^
はなちんは、愛されることが仕事か~~なるほどぉ。

うちもだいふくも同じかな。
愛されることが仕事だってとこありますね。
ただそこにいてくれるだけで、元気な姿を見せてくれるだけで、たっくさんの物を貰ってる気がしますね。

親ばか万歳!!

NoTitle
まりも親父
なかなかの上級者ですぞぉ~
親ばかとは何か・・・
無償の愛を有り余るほどにそして
ほとばしるほどに与えるものなのです
たがが犬のためになんて言う輩には一生わからない
ものなのです 
我々が与えるよりもワン達からもらうものが
どれだけ多い事でしょうか?
親父はまりもを愛し続けます

よかったらはなちゃんも愛します(笑)

さらによろしければはなちゃんを
500円で親父に譲っていただいても構いません

グーでビンタされそうなのでこの辺で・・・


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
まりも親父様へ

そうですよねぇ~
わかる人にはわかるし
わからない人にはわからない・・・
それでいいんだと思います。

私は私で親バカ道を貫くのみにございます。

まりもちゃんのついでに
はなも愛していただけるんですねぇ~
ありがとうございます 笑

お譲りするわけにはいきませんけどねぇ~^^


のりさんへ

花粉症とは、本当にやっかいで恐ろしい物です。
今年は少ない・・・と言う事を信じて春を待とうっと。
(ちなみにシラカバ花粉のピークは、5月なんですけどね~)

のりさんは男兄弟育ちですか?
男子はくだものあまり食べないものなんでしょうか?
うちのメンズもほとんど食べませんねぇ~。
食べるの面倒なのかなぁ?

親バカ師匠ののりさんに、認めていただいて光栄です 笑
そこにいるだけで、優しい気持ちにさせてくれる存在ってすごいですよね~^^

親バカ万歳!万々歳です~。



2009/02/27(Fri) 16:27 | URL  | はなにー #-[ 編集]
NoTitle
はぁ~~花粉症というものは大変なのですね。
涙と鼻水くらいなのかなと思っていたら、食べ物まで制約されちゃうのですね。
よく考えたら、アレルギーだからそうですよね。

ウチも果物って、あまり食べない派です。
実家にいた頃から、食べないな~
男系の家族形成のお家って、なんで果物食べないんでしょうかね~??

はなちんは、間違いなく愛されてますね。
ブログを見てたら、すご~~く伝わってきますよ^^
はなちんは、愛されることが仕事か~~なるほどぉ。

うちもだいふくも同じかな。
愛されることが仕事だってとこありますね。
ただそこにいてくれるだけで、元気な姿を見せてくれるだけで、たっくさんの物を貰ってる気がしますね。

親ばか万歳!!
2009/02/26(Thu) 23:26 | URL  | のり #-[ 編集]
NoTitle
なかなかの上級者ですぞぉ~
親ばかとは何か・・・
無償の愛を有り余るほどにそして
ほとばしるほどに与えるものなのです
たがが犬のためになんて言う輩には一生わからない
ものなのです 
我々が与えるよりもワン達からもらうものが
どれだけ多い事でしょうか?
親父はまりもを愛し続けます

よかったらはなちゃんも愛します(笑)

さらによろしければはなちゃんを
500円で親父に譲っていただいても構いません

グーでビンタされそうなのでこの辺で・・・
2009/02/26(Thu) 05:13 | URL  | まりも親父 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。