パグ犬、はなとのゆるゆるな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝
起きると顔がカエルになっていた・・・・。

かえる
「ゲコ・・・」

昨日の夜中、泣き過ぎたんだった・・・。

本屋さんで、パグが表紙の本を見つけて購入。

『ゴエモンが行く!』

この本は、生後37日目から飼い始めた雄パグ、ゴエモンの1歳までの
日々を綴った「ゴエモンが行く!」

その後のエピソードをまとめた「それからのゴエモン」

12歳で突然、慢性骨髄性白血病に罹患し
別れの時までの3ヶ月を綴った「生命と向きあって」の三篇が収録されています。

一気に読むと、作者さんと一緒に子パグを育てるのに
ハラハラしたり喜んだり
そして・・・闘病を擬似体験します。

1歳4ヶ月で体高40センチ、体重16キロ!すごく大きな、立派なパグ君ですね。

あと、作者さんが高校生の時に出会った「五郎」と言う犬との不思議な縁。
ゴエモンが亡くなってからのエピソードに出てくるんですが
犬の愛情ってすごいなぁと・・・。

パグ好きさんに限らず
ぜひ読んでみて欲しい一冊です。

(注:顔がカエルになる恐れがあるので、お休みの前の日に読むことをお勧めします。)

P1030525.jpg


P1030526.jpg


【2008/02/11 20:01】 | book
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。