パグ犬、はなとのゆるゆるな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに映画館へ。

涙そうそうを観て来ました。

映画好きの勘で「これはいい!」と思い、泣く気満々でいざ、映画館へ。
札幌駅近くにあるステラプレイスの映画館。最終回20:40分。
ハンカチを握りつつ鑑賞。

最初の5分から、ほぼ泣きっぱなしでした

血の繋がらない兄妹。お互いの親が子供を連れて再婚して兄妹になったヨウタロウとカオル。ヨウタロウのお母さんは、しょうがない男だとわかっていても恋に走ってしまって命を削ってしまう。カオルのお父さんは家族を持てない男。
あっという間に二人ボッチになってしまって、島のおばぁに育てられる事になる。
ヨウタロウが先に沖縄で働き、高校入学のためにカオルが沖縄に出てきて一緒に暮らし始めてから5年間の話。

5年間の流れを追いながら、そこに至る二人の生い立ちが要所要所に挿入されるんだけど、子供の二人がまた泣けて。

以前映画評で「結構在り得ない話なんだけど、妻夫木聡と長沢まさみの二人の存在感と、演技が不自然に感じさせない。」・・・てな事を書いてあるのを読んだ事があったので、ご都合主義なのかな?と思ったけど、そんな事はありませんでした。でも、沖縄だからこそ成立するお話だとは思いました。気候、空気、湿度、人の懐の深さ、いいかげんさ、ゆるやかさ・・・。
沖縄好きな私にはたまりません

沖縄の言葉もいいですねぇ。
ゆるやかであったかくて。人をほっとさせる響きがあります。
そんな語り口調で、ラスト近くに島のおばぁがカオルに語るシーンがあるんだけど、深さと重みと許しがあって泣けて泣けて・・・。

場内、半分くらいの入りだったんだけど、明かりが点いてもしばらく誰も立たなかったな。いや、立てなかったのかな?私は立てなかった。この顔でどうやって外に出ようかと思って

もう、カラオケで「涙そうそう」は歌えないな・・・きっと。

【2006/10/30 00:24】 | 映画
【タグ】 映画  涙そうそう  
|


ちいさなメガネの母
私も見たいと思ってた映画です!
やっぱり泣けるのねぇ~~
ソフトバンクの川選手も見て感動してたよぉ~


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私も見たいと思ってた映画です!
やっぱり泣けるのねぇ~~
ソフトバンクの川選手も見て感動してたよぉ~
2006/10/30(Mon) 19:33 | URL  | ちいさなメガネの母 #klcj.0UQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。