パグ犬、はなとのゆるゆるな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家に帰ってから、病院で言われた事をネットで調べました。

先生が仰ったのは多分『レッグ・ペルテス病』という病気でほぼ間違いなさそうだ。
(先生は違う名前で言っていたけど。)

一番の気がかりは、大腿骨頭を取ってしまって、骨盤と肢に繋がっていない部分があるのに、本当に筋肉で歩けるのだろうか?年をとったときどうなるんだろう?という事。

温存して治療は出来ないのかな?
パグは麻酔に弱い」と聞くけど、手術中に何かあったりしないのだろうか?
先生は「こんな小さな人口骨は無いので、取ってしまうしかない」と仰ったけど、本当に無いのだろうか?

調べれば調べるほど疑問と不安が湧き上がってくる。

相談した友人のMちゃんが、「人口骨をやってくれそうな先生がいる」と教えてくれたので、I動物病院へ予約を入れる事にした。

予約は8月31日。



P1000499.jpg


【2006/09/05 23:47】 | レッグ・ペルテス病
【タグ】 パグ  レッグ・ペルテス病  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。