パグ犬、はなとのゆるゆるな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P1060237.jpg


何かと話題になっていますね、アバター。
ついにタイタニックを超えて世界興行収入記録1位を記録したそうな。
で、今月の『月イチ映画の会』はやっぱりアバターで。
ここ数年ハリウッド映画の超大作はどうも観る気になれなかったんですけど
これはすごい!いったいどうやって撮影しているのか・・・
メイキングも観たいですね~。
私は2Dで観たんですけど、充分迫力があります。3Dだとどうなっちゃうのか。
3Dでもう一度観たい観たい!
映像もさることながら、ストーリーもしっかりしています。
「壮大な宮崎アニメ実写版」といったところでしょうか?
「風の谷のナウシカ」なんか好きな人はきっとストライクな感じ。

来月は『ラブリー・ボーン』観に行く予定。


スポンサーサイト

【2010/01/29 21:01】 | 映画
|

虎太郎ママさんへ
はなにー
人生の中で大学時代が一番自由で楽しい時かもしれませんね~
社会に出てしまうと、なかなか立ち止まってみる事が
難しくなりますね。
今を充分楽しんで欲しいですね
それがその後の自分を支える種になるような気がしますから^^

『アバター』は必見ですよぉ~
まだでしたらお勧めです。
虎ママさんもぜひどうぞ^^



No title
虎太郎ママ
そですか~良かったですか~
長女に言っときます!

気ままな大学生の長女の趣味は、映画を見たり・ディズニーオンクラシックを聴きにいったり・ディズニーのアイスショウを見にいったり・・・お友達に誘われると何でも見に行っちゃいます。
バイトで稼いだお金でしっかり楽しんでるんですよ~

テレビで映画の紹介CMが流れるとチェックして見に行くんです!

試験も終わり、今春4年生になる(多分上がれると・・・思いますが・・・)長女は、就職活動に奮闘しながら、しっかり2カ月の春休みを満喫しようとしております。

我が子ながら 羨ましい限り・・・

コメントを閉じる▲

月に一本、映画を観てその後ビールを飲みながら
あーでもないこーでもないと語り合おうという 『月イチ映画の会』 を始めて
今月で何本目になるのかな?

今月の映画は 『重力ピエロ』

「春が、2階から落ちてきた。」で始まるこの映画は
伊坂幸太郎の同名小説の映画化です。

私と友人、ふたりとも伊坂ワールドファンで
先月予定していた 『フィッシュ・ストーリー』を見逃した悔しさもあり
今回は早目に行動。

どうしようもないつらい出来事を共有しながらも
『俺達は最強の家族だ』と言い切れる家族の絆に涙です。

さて、本タイトルが 『重 カピエロ(じゅう かぴえろ)』
重力の間にスペースがあるのは間違いではないのです。

私の愛すべき友人は、この原作を読んでいる時
本の題名は 『じゅう かぴえろ』だと思い込んでいたそうな・・・。

重いカピエロ? カピエロさんてだれやねん??98666
カピエロさんも出てこないのに、最後まで間違いに気が付かないあんたって・・・





P1050396.jpg
『わたしといっしょのおとぼけさんね』

【2009/05/28 23:38】 | 映画
|

おとぼけさんへ(笑)
はなにー
私もすっかり 『じゅう カピエロ』が
最初に出てくるようになってしまったではないですかぁ~
(笑

いいんですかぁ~?はなとおそろで・・・
彼女のおとぼけぶりも相当なモンですけど・・・。

6月の映画も楽しみですねぇ
しかし・・・その後のビールがもっと楽しみな
私だったりして エヘヘ^^

未だに・・・
おとぼけさん
はなにーちゃん

いまだに「重(じゅう)かぴえろ」から抜けきれない
というか「じゅうりょくぴえろ」と正しいタイトルを言えない私ですv-406

でもいいのv-343はなちゃんと おそろならv-343v-289

次は「ルーキーズ」?
夏には浴衣で「MW」観に行こう!

コメントを閉じる▲

今日は友人にお付き合いして、映画 『Mamma Mia!』 を観てきました。

ちょっと早目に出掛けて地下街などを散策。
本日オープンの300円ショップで買い物したり
アジア雑貨屋さんで遊んだり・・・なんか久しぶりのウィンドウショッピングで新鮮~はへ~

狸小路にある映画館の隣に、道産野菜の産直売店が出来ていて賑わっています。
中にはイートインコーナーがあり、道産食材を使った屋台みたいなお店が並んでいていい感じ。
スープカレーやステーキ店、焼き鳥屋、牡蠣の店と種類もいろいろ
それぞれカウンターだけのスペースなんだけど、真ん中に共有のテーブルがあります。
みなさんそこでWBC・韓国戦を見てましたが、お店全体が妙な一体感ありましたね~。
私たちは石焼ビビンバを、韓国人店員さんに囲まれて食べていたので、何となく居心地わるっ!

で、気が付いたら食べ終わってて写真なし 絵文字名を入力してください
食べる前までテーブルに用意してあったのに・・・・どんだけの食い意地汗03

ま、狸小路へお越しの際は立ち寄ってみると面白いかもです。
(石焼ビビンバはうまかったです~は-と

映画は、前編ABBAの歌で構成されたミュージカル映画。
元々はブロードウェイのミュージカル。
主演のメリル・ストリープさんは、60歳になるというのに頑張っていましたねぇ~
中年のおばさん達のハジケっぷりに元気をもらっちゃいました。
いくつになってもハジケるって大事よねぇ~

ねぇ?そう思わない?

P1050097.jpg
『私はいいです・・・』

あら・・・そう トホホ

【2009/03/21 00:21】 | 映画
|
今月の映画は 『カフーを待ちわびて』。


沖縄の与那喜島が舞台。
『嫁に来ませんか?幸せにします』と書いた絵馬から始まるラブストーリー。

カフーとは与那喜島の方言で、『良い知らせ』 『果報』 『幸せ』 と言う意味
そして主人公・明青の飼い犬・黒いラブラドールの名前。

自分ではない誰かの幸せを願う事
その人が幸せであることが、自分の幸せと思えること

そんな映画でした。

もしもそんな想いが手に入れられたら
それこそがカフーなのかもしれません。


P1050064.jpg

うちの『カフー』
強烈につぶれていますが・・・
お顔が・・・・別犬のようです・・・汗1



【2009/03/15 22:15】 | 映画
|
今日急に思い立って、映画『おくりびと』観てきました。

今日はすごい吹雪でしたねぇ~
仕事の帰り、遭難するかと思いましたよ。
だけど年に一度は、一人『八甲田山ごっこ』して帰らないと
物足りない私・・。今日も『隊長!!前が見えません!』
『むむむ・・・天は我を見放したか・・・・!』と(心の中でですよ、もちろん)
つぶやきながら楽しく帰りました。

そういえば、最近気が付いたのですが
どうやら私、『変人』みたいなんです・・・
この年になるまで全然気が付かなかったんですけどねぇ~
自分ではすごく、クールな常識人だと思っていたのですが
近年よく、人から変人扱いされているような気がします・・・
(ちなみにまだ『変態』とは言われていないようです)

まぁ・・・その話は後日また・・・

で、『おくりびと』のはなし。

日本アカデミー賞で賞を総ナメだったようですが
そのせいか、近所の小さい映画館も珍しく混んでいました。
だけど納得ですね。
とても良い映画です。
静かで美しくて
面白くそしてせつない映画でした。

米アカデミー賞でも外国語映画賞にノミネートされたり
モントリオール映画賞 グランプリだったり
海外での評価が高いようですが
こういう映画が評価されるのは嬉しい事です。

主演の本木さんはみごとな納棺師ぶりでした。
所作がとても美しいし、こういう方に自分や身内の納棺の儀を
お願いしたいと思ってしまいました。

主演の本木さんをご指導した納棺師の方が
『このまま仕事に出られるのではないか?』と
思うほどの完成度の高さだったと、何かの記事で読みましたが
ほんとうに美しいです。
本木さんはこの作品中チェロも弾かれているんですけど
指の動きが正しいので、これもきちんと弾けるだけ練習してんでしょうね~
俳優業ってすごいなぁ~。

とても良い映画映画でした
お勧めですよ。

さて、
そんな中、うちでお留守番中のふたりは・・・


P1040948.jpg


覆面レスラーごっこしておりましたとさ。




【2009/02/21 21:34】 | 映画
|

まりも親父さまへ
はなにー
やりましたかぁ~!?
やはりこの年代はやっちゃいましたよね~(今でもやるかは別として…)

靴にトウガラシ入れると温かいんですね!!知らなかったです。今度試してみよ~っと。

NoTitle
まりも親父
天は我らを見放した・・・
渋いところ来ますねぇ~
今じゃカイ君の声ですか・・・

親父もよくやったなぁ~長靴に唐辛子入れたら
本当に暖かいのですよ
凍ったおにぎりの代わりに雪玉たべたりして(笑)

はなちゃんのフォール勝ちですね!


コメントを閉じる▲
以前に『陰日向に咲く』の映画を見に行った時
予告で『犬と私の10の約束』をやってまして
予告編を見た段階で「あ・・・こりゃぁ、劇場には観に来れないな・・・」と。
隣にいた友人も
「あ・・・だめだ。このワンシーンだけで泣ける・・・」と。

最近ほんと、涙もろくて困っちゃいます。
年取ると、涙もろくなるんですねぇ。
私、自慢ではありませんが
小学校の1年生の時に人前で泣いた時に(他愛も無い意地悪されて98666
『もう二度と人の前で泣かないわ、私!』と心に誓って以来
本当に泣き顔を見せない女だったんですけど。
はなと暮らすようになってから、心のタガが外れたんでしょうか?
それ以来「泣き女」と化してます。
家でももう呆れられてますな・・・。
家族でテレビを見ていて、「これはやばいぞ・・」という場面になると
息子(上)が息子(下)にアゴで合図を送り
息子(下)が嫌な顔で、私の横にティッシュの箱を置いてくれます・・無言で。
(あ!!決して優しく「そっとして置いてあげよう」ではなく、「関わりたくねぇ・・」って感じで・・・)
そこさぁ~もう少し優しくしとこうよしくしく
「涙は女の武器」と一般では言いますが
我が家で私の涙は、どうやら凶器のようですなぁ・・・。
でもねぇ、周りは迷惑かもしれないけど
私は結構気に入ってるんですよね。
それだけ素直になったって事だし。
なにより「泣く」という行為は心の浄化、ストレスの解消にかなりの効果があるようです。
だからたまに「オイオイ泣く」って事も必要なんですよね。


で、『犬と私の10の約束』なんですがね、
家の近くの小さな映画館で上映しているのを知って
行って来たんです。
この映画館はホームシアターですか?って感じで小ぶりなんだけど
人がほとんどいなくて、逆に気兼ねないのがいいんです。
大作を観るのは物足りないけど、今回のような事情があるときはうってつけ。
オイオイ泣いても気兼ねないし、人に会わずに帰れるし。
で、友人と共に映画館へ。(勿論タオル持参)

出だしの
「神様は最初に人間を作った。だけどあまりに人間が弱かったので、次に犬を作って人の側においた」と言うような内容の言葉で

switch on泣

犬ってすごいね。
人間はわがままなのに
どうしてそんなに一心に思い続けることが出来るんだろう。
言葉を持たないのに
どうしてそんなに心を伝える事ができるんだろう。
人は言葉に甘えすぎているのかもしれないね。
私の一生の中で、犬と心を通わせる時間を持つことが出来た事
本当に幸せなことだなって思う。
だって、「知らない」っていう人生もあるんだもんね。

P1030753.jpg



ちなみに・・・・
隣にいた友人に「うるさい!」と叱られた・・・。
勿論顔は・・・かえる



ゲコ




【2008/04/13 22:52】 | 映画
|
『ドリームガールズ』

何と言っても最優秀助演女優賞を取ったジェニファー・ハドソンはすばらしかったです。
中盤、自分の元から去っていく恋人に向けて唄う歌。
聞き終わった後に立ち上がって拍手しそうになりました。
ビヨンセも10㎏減量しただけあってとっても美しかったぁ。
モデルが「シュープリームス」なんだと思って観るのも面白かったです。
夢、友情、裏切り、栄光、挫折・・そして信じる強さ。


『バベル』

これはとても消化するのに時間のかかる映画です。
印象としては『クラッシュ』を観た後に近いかも。
あるつながりの中で関わる人たちの話。
明らかな「悪意」があるわけではないのに
誰もが持つ「逃げ」や「嫉妬」「傲慢」がどうしようもない事態になっていく・・・。
誰も悪くないのに、伝わらない想い・・・。
菊池凛子さんが最後に渡した手紙には何が書かれていたんだろう。


『間宮兄弟』

どっか変なのに、どっかでこんな兄弟いいなぁって思ってしまう。
いそうだけどいないんだろうなぁ・・。
ほのぼの・・・って言うのもちょっと違うけど
何だか脱力できていいです。

【2007/05/08 01:26】 | 映画
|

ハッし~さんへ
はなにー
いつもありがとうございます♪
読書は・・・深夜ですねぇ。
お休みの日の昼下がりとか。
だけどハッし~さんの忙しさにはかないませんよぉ~。
お散歩の距離にびっくりですから!
お仕事の合間を縫ってのお散歩。
大きい子は運動量が多くて大変ですね(汗)
今度ルカちゃんの写真撮りに行きますから!


ハッし~
毎回楽しみにみてま~す!はなちゃん避妊手術もおわってお元気そうだね!この季節はなんか散歩してても気持ちよくってわくわく楽しいよね!ところで毎日いそがしそうなはなに~さん!いつ読書してるの?やっぱり深夜?!

コメントを閉じる▲
久しぶりに映画館へ。

涙そうそうを観て来ました。

映画好きの勘で「これはいい!」と思い、泣く気満々でいざ、映画館へ。
札幌駅近くにあるステラプレイスの映画館。最終回20:40分。
ハンカチを握りつつ鑑賞。

最初の5分から、ほぼ泣きっぱなしでした

血の繋がらない兄妹。お互いの親が子供を連れて再婚して兄妹になったヨウタロウとカオル。ヨウタロウのお母さんは、しょうがない男だとわかっていても恋に走ってしまって命を削ってしまう。カオルのお父さんは家族を持てない男。
あっという間に二人ボッチになってしまって、島のおばぁに育てられる事になる。
ヨウタロウが先に沖縄で働き、高校入学のためにカオルが沖縄に出てきて一緒に暮らし始めてから5年間の話。

5年間の流れを追いながら、そこに至る二人の生い立ちが要所要所に挿入されるんだけど、子供の二人がまた泣けて。

以前映画評で「結構在り得ない話なんだけど、妻夫木聡と長沢まさみの二人の存在感と、演技が不自然に感じさせない。」・・・てな事を書いてあるのを読んだ事があったので、ご都合主義なのかな?と思ったけど、そんな事はありませんでした。でも、沖縄だからこそ成立するお話だとは思いました。気候、空気、湿度、人の懐の深さ、いいかげんさ、ゆるやかさ・・・。
沖縄好きな私にはたまりません

沖縄の言葉もいいですねぇ。
ゆるやかであったかくて。人をほっとさせる響きがあります。
そんな語り口調で、ラスト近くに島のおばぁがカオルに語るシーンがあるんだけど、深さと重みと許しがあって泣けて泣けて・・・。

場内、半分くらいの入りだったんだけど、明かりが点いてもしばらく誰も立たなかったな。いや、立てなかったのかな?私は立てなかった。この顔でどうやって外に出ようかと思って

もう、カラオケで「涙そうそう」は歌えないな・・・きっと。

【2006/10/30 00:24】 | 映画
【タグ】 映画  涙そうそう  
|


ちいさなメガネの母
私も見たいと思ってた映画です!
やっぱり泣けるのねぇ~~
ソフトバンクの川選手も見て感動してたよぉ~


コメントを閉じる▲
いぬのえいが

お題の通り、「いぬのえいが」です。

オムニバス形式ですが、この中でも「ポチは待っていた」で、号泣度数
120%。ポチが(ポチのココロの中でなんだけど)会いたかった山田君が迎えに来てくれるシーンで

かならず

滝涙です。

犬童一心監督。
「ジョゼと虎と魚たち」で彼を知った時、「すごい名前の人なのに(←すみません、良い映画作るんだなぁ」と思ったけど、この映画もそう。

「タッチ」は見ていないけど、これからも楽しみです。

【2006/10/01 22:47】 | 映画
【タグ】 映画  いぬのえいが  
|
何故これが泣ける映画
と思われる方もいらっしゃるとは思いますが。

私は泣けちゃうんだからいいじゃないですか!
って事で

「シックス・センス」

そうです。「ダイ・ハード」のブルース・ウィリスと、まだかわいかった頃のオスメント君のホラー映画(・・になるのかな?)です。

コワ系の映画なんだけど、私はとってもよく出来た映画だと思います。

江原さんじゃないけど、こういう能力持って生まれちゃった人っているんだろうなぁ。

私はラスト近く、オスメント君がお母さんに車の中で、おばあちゃんの話をする所で必ず滝涙です。
わが子を愛しながら、どこか普通じゃないその子を理解できず、「もしかしたらこの子がおかしいのは自分のせいかもしれない」という不安で、子供を信じてやれない母親が、おばあちゃんの話(しかも誰も知らない個人的な話)を子供から聞かされ、子供の事も、確執のあった母親の事も一瞬で理解できる瞬間。
ここで泣き度数120%です。

(注:これは個人的な意見なので、一般的にどうかは限りなく不明)

ホラー嫌いなお方、先入観を捨てて一度ご覧になってみると、新しい映画の世界が広がるかもしれません。

【2006/10/01 22:28】 | 映画
【タグ】 映画  シックスセンス  
|
秋なので、映画と読書に熱が入る季節になってきた。

今まで観た中で、はなにーお勧めの「泣ける映画」を紹介。

(しかし、かの「タイタニック」を映画館で観て「おいおい・・・ばあさん、与太話かい?大体、それだけ逞しいんだからあなたが海に入った方が両方助かったのでは?と突っ込んでいるうちに感動できなくて終わった前科があるので、趣味は保証しかねますが・・・)

一番最近見たところから。

「明日の記憶」

これは自分も「もしかしたら・・・」と言う危機感があるせいなのか・・・。それを差し引いてもこの映画は丁寧に作ってあってとても良かったです。
若年性のアルツハイマーはきっと、現実はもっともっと大変なんだろうと思います。でも悲惨さよりも、それぞれの家族の思いや職場の同僚達の心情に重点を置いた描き方が良かったと思います。

「忘れてしまう自分」「忘れられてゆく自分」どちらもとても辛い。恐怖ですね。でもそれすらも解らなくなって行く自分。何年も掛けて徐々に。

主人公の思いに何度も泣かされました。

【2006/09/25 23:55】 | 映画
【タグ】 映画  
トラックバック(0) |

そうでしたね・・・
はなにー
私は個人的には好きでしたけどねv-15コントのような鼻血とか。
ところで、ハンドルネームマニアですか?それとも「私は誰でしょうクイズ」ですか?
挑戦、お受けしますわ!ルパン君。きっと見破ってみせるしね!


アジアンビューテー
泣ける映画の話に申し訳ないのですが、「止めなきゃいけない笑いを堪えられなかった映画」を紹介してもいいですか?
それは
『Lovers』です。(事後承諾って事で)
某さんと観に行ってた時で、後ろの席の人は泣いてたらしいんですが、チャン・ツィイーが雪の中から蘇った場面で笑いが止まらず、某さんにツネられるも止まらなかったv-408
申し訳なかったなぁ~

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。